森住建

公開日: 2023/11/09
森住建

森住建は2002年に設立された住宅建設会社ですが、創業は1887年(明治20年)にさかのぼります。本社は岐阜市にあり、岐阜県を中心に注文住宅・新築一戸建ての建築、リフォーム、リノベーションなどを請け負っています。今回は森住建が重視する価値観や顧客と向き合う姿勢、住宅の品質などについて紹介します。

森住建が大切にする価値観

森住建は住宅建設のプロとして長年営業してきました。創業当初は下請け中心の大工職人という小規模な事業で、工務店の下請け大工として仕事をしていました。

その後、実績を積み重ねていく中で、顧客を重視する考え方が強まっていきました。住宅建設会社である以上、住宅建設に関する技術や知識を持っているのは当然のことですが、それ以上に従業員の態度や顧客に対する思いやりを重視しています。

スタッフの態度は企業の品位をあらわします。森住建ではスタッフ一人ひとりの態度や立ち振る舞いなどを改善し、気持ちの良い接客や顧客との対話ができるようつとめています。顧客とのコミュニケーションをすればするほど、相手に対する思いやりが生まれてきます。

住宅購入は一生に一度あるかないかという大きな出来事です。「夢のマイホーム」といいますが、まさにその通りで住宅建設のコストや時間を考えると、並々ならぬ気持ちで住宅を購入しようと考えているのです。

森住建では顧客の理想をできるだけ聞き、どうすれば理想を実現できるかについて一緒に考えます。しかし、いかに顧客の要望であっても顧客のためにならないことであればハッキリと伝えます。一生に一度の買い物である住宅の購入で顧客にとって悪いものを販売するわけにいかないからです。

損得よりも善悪を重視し、ほんとうに顧客にとって良いものを粘り強く提案します。顧客と真摯に向き合い、要望に耳を傾けることで顧客が望むものを可能な限り形にするのが森住建の仕事のやり方です。こうして完成した住宅で過ごす日々は住宅を購入した人にとってかけがえのないものとなるでしょう。単なる物質として家が、家族共有の思い出の場となってはじめて完成するからなのかもしれません。

ヒアリングシートで要望を聞き逃さない

顧客の要望を聞く段階で重視しているのが「ヒアリングシート」です。ヒアリングシートには顧客の要望や家づくりに対する考え方が記録されるため、家づくりの基本となります。主な内容は以下のとおりです。

・今住んでいる住宅の不便な点や良いところ

・一緒に住む家族

・使う家電や家具

・資金計画、スケジュール

・理想とするライフスタイル

・外観やデザイン

・各部屋についての要望

新しく住宅を建てたいと思うからにはそれなりの理由があるはずです。今の住宅で不便なところやそのまま生かしたい使い勝手の良い部分などを聞き、家族が住みやすい家になるよう家づくりに努めます。

もちろん、家に住む家族についての情報も重要です。とくに成長著しい子どもの場合は、成長に伴って家の機能を変化させる必要があります。幼いころはリビングで一緒に過ごしていた子どもたちも、成長するにしたがってプライベートスペースが必要となります。そうしたことを見越して部屋の間取りなどを決める必要があるのです。

使用する家電や家具のことを知る理由は生活スタイルに直結するからです。そうした情報は顧客が理想とするライフスタイルの話にもつながります。外観やデザインは顧客にとって重要なアイデンティティですので、どうしても実現したいものもあるでしょう。

とはいっても、予算は無限ではありません。限られた予算の中でどのように家づくりをするのか、いつまでに資金を用意するのかといった資金計画のスケジュールも把握したうえで住宅案を提案します。

理想をカタチにする家づくりチームが品質を保証!

森住建では顧客の理想を実現するため、営業・設計・工務・コーディネーターが役割分担してよりよい住宅案を提案します。

営業担当者が顧客の要望をを限りなく吸い上げ、設計担当者が顧客の理想を実現するための間取りを設計します。コーディネータが床材や壁材を選択して住宅設備などを提案し、完成した図面をもとに工務担当者が住宅を建設します。顧客は営業担当者に可能な限り自分のイメージを伝え、理想とする住宅を建てるための情報やイメージを共有します。

他にも土地選びのアドバイスや住宅建設後の資金計画のアドバイスなども営業担当者が行います。営業担当者との話し合いで出てきた要望を設計担当者やコーディネーターが具体化します。理想のカタチが出来上がったら、工務担当者による住宅建設が始まります。

建設段階で生きてくるのが森建設の確かな技術力です。震度7でも倒壊しないSE構法による骨組みや高気密・高断熱でエネルギーロスの少ない断熱材やサッシの使用などにより高品質な住宅を建設します。

まとめ

今回は岐阜県を中心に事業を展開している森住建について紹介しました。森住建は高い住宅建設技術とデザイン能力を持つ会社ですが、これらの技術以上に顧客とのコミュニケーションを重視している会社です。住宅建設に関して不安があり、色々なことを聞きたいと考えているのであれば、ぜひ一度、森住建に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

森住建の基本情報

会社名株式会社森住建
住所岐阜県岐阜市薮田南5-6-3
電話番号0120-68-3149
迷った方におすすめ!

クレバリーホーム

クレバリーホーム

クレバリーホームは、永く住む家だからこその暮らしやすさを重視し、住む人のこだわりに寄り添った自由設計の家づくりを提案しています。想いをカタチにするために話し合いを大事にし、高性能でありつつも予算に合わせた「価格」と「価値」とのバランスの良い家づくりを提供してくれます。また、高い品質を守るため、建物の引渡し後も専門スタッフによる定期点検とメンテナンスを実施。これまで様々な家づくりを行ってきたクレバリーホームに依頼すれば、こだわりのマイホームで快適に過ごせるでしょう。

   

岐阜県でおすすめの
注文住宅メーカー7選!

イメージ
住宅メーカー名クレバリーホーム一条工務店アイ工務店セキスイハイム住友不動産ユニバーサルホームタマホーム
特徴高性能なタイル貼り住宅で、永く住める家づくりが実現する注文住宅販売店口コミ評価の高さが物語る、抜群の住宅性能とコスパ!耐震性の高さも魅力ライフスタイルの動線を考えた住空間も提案!強い住まいづくりも可能耐震性の高さが抜群!人と機械の「正確さ」を活かした工場施工の住まいづくりワンストップでのトータルサポートが可能!地震と火に強い木造住宅を実現「地熱床システム」など高性能の注文住宅を実現2022年度注文住宅新設着工棟数全国3位、長崎県・大分県・佐賀県・宮崎県・石川県の5県内において注文住宅新設着工棟数1位の確かな実績のある注文住宅・リフォーム会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】時代のニーズに合わせた住宅メーカーの工夫とは?